インターン募集特設ページ制作

インターン募集で必要な5つのポイント

インターンの募集に特化して構築された募集ページ。
ランディングページ風に長めの構成にしているのが特長です。
インターン生が欲しい情報一覧でわかるよう設計されています。
インターン募集 特設ページを作る上で、より効果的にいい人材を採用するためのポイントをお伝えします。

  1. 参加者にとってのメリットを明確にしておく

    インターンを希望されている学生は、まだ就職先を明確に決めておりません。
    今回のインターンで得られるメリットは何なのか?
    自分の就職活動でどう活かせるのか?
    など、インターン生の目線に合わせたメリットを用意しておく必要があります。
    企業側のメリットだけを考えると、インターン生はなかなか集まらなくなるので
    注意が必要です。

  2. インターンで行う具体的な内容とスケジュール

    具体的に行う内容を明確に記載することで、いい参加者を集めることができます。
    研修的なものなのか?
    実践的なものなのか?
    体験的なものなのか?
    社会に出た経験のない学生は、社会人が当たり前と思っていることでも、理解できない場合が多くあります。
    なるべく具体的な表現にすることを心掛けることが大切です。

  3. 動画を使ったイメージ訴求

    現在の学生はデジタルネイティブと言われています。
    特に、動画に対する情報収集には長けており、採用活動でも動画を使ったコンテンツは
    インターン生の心に響くものになりやすいです。
    是非動画コンテンツをサイトに入れてみてください。
    思った以上の効果が期待できるはずです。

  4. スタッフの顔を出すこと

    この会社にはどんな人が働いているのか?
    インターン期間中、どんな人が指導にあたってくれるのか?
    学生は働く内容以上に、働く人に興味を持っています。
    その人の写真はもちろん、パーソナルな情報もどんどん発信していきましょう。
    学生とのいい関係性が築けるはずです。

  5. インターンを行う環境や会社の雰囲気を伝える

    どんな人と働くかと同じくらい、どんなところで働くかというのも重要視しています。
    職場環境や福利厚生として利用できるもの、また、職場近くのランチや居酒屋情報など、
    仕事に関係のないことも重要なポイントです。
    「よく行くランチスポットはココ!」というコンテンツも、学生にとっては非常に人気
    のコンテンツです。

©2016 Soft Communications Co.,Ltd. 採用サイトの制作はR-BOX