新卒採用コラム

「動画」で魅力アップするべき採用コンテンツとは?

2020年02月18日
採用のお悩み解決コラム

採用コンテンツの動画化は当たり前の時代

採用サイトにおいては数々の「採用コンテンツ」を掲載して、就職希望者に多くの情報を提供して自社の企業研究を進めてもらいます。

採用コンテンツに用いられる媒体には、以下の内容が挙げられます。
・文章
・画像
・表やグラフ
・動画

この中で多くの情報を一度に伝えられる媒体としては「動画コンテンツ」がおすすめです。

動画コンテンツでは言語化することが難しい情報であっても伝えやすく、就職希望者の就職活動や採用後の不安を払しょくし、会社のブランディングにも役立ちます。

動画コンテンツにするべき採用コンテンツ

しかしながら、動画コンテンツは素材の用意に手間とコストがかかるという難点があります。

そのため、少しでも時間と費用のコストを削減するためには、動画コンテンツ化する採用コンテンツを厳選する必要があるのです。

例えば、以下の採用コンテンツを動画化すると、伝えたい情報をより多く伝えやすくなるでしょう。
・職場の雰囲気
・社員インタビュー
・社長メッセージ
・会社の歴史などのドキュメンタリー
・自社商品の紹介
・研修内容

動画コンテンツを用意する際に意識するべきこと

動画コンテンツを用意するにあたっては、「何を目的に動画コンテンツを設置するのか?」を明確にする必要があります。

例えば、採用コンテンツには以下の目的があります。
・新卒や中途採用の応募者を増やしたい
・入社後のミスマッチを減らしたい
・自社の魅力を的確に伝えたい
・採用面接での質問の質を高めたい
・応募者の不安を払しょくしたい

採用コンテンツごとに目的が異なりますので、そこに設置する動画コンテンツもその目的に合わせた内容にする必要があります。

動画コンテンツの制作は外注することも視野に入れる

動画コンテンツを設置するためには、素材となる動画を撮影する必要があります。

動画撮影はカメラなどの機材を揃えれば誰にでも実施できることではありますが、「質の高い動画」を撮影し、編集するためには相応の技術や経験が必要になります。

撮影のみ自社で行い、編集作業のみを外注するという選択肢もあり、任せる作業量が少ないほど費用も抑えられる可能性があります。

自社で素材を用意する場合には「社員インタビュー」のように社内でのスケジュール組みも必要になるため、早めに予定を組んで撮影を済ませましょう。

社内に専用の部署がない場合には、外注するウェイトを多めにするか、動画撮影や編集作業が得意な社員を探して相談するなどの対策が必要になります。